モザイク式監視盤や配線表示材、LED表示装置の製造販売から、海外製の防振・衝撃吸収材、電気プラグ等のご提供

沿革

沿革

昭和36年(1961年)5月 資本金100万円で(株)ケー・シー・シー・商会を設立。
東京事務所開設。
ワイヤーマーク、マーカーチューブの販売を本格的に開始する。
昭和37年(1962年)4月 カッティングダクト販売開始。
昭和38年(1963年)11月 ビンキール社/ベルギーと技術提携。
昭和39年(1964年)2月 ビンキール社/ベルギーとの取引開始。
昭和40年(1965年)12月 ルミブロック国産第1号完成、明電舎様へ納入。
昭和41年(1966年)2月 資本金を400万円に増資。
11月 資本金を600万円に増資。
昭和42年(1967年)3月 名古屋営業所開設
6月 資本金を840万円に増資。
8月 長崎営業所開設。
9月 明石市に大久保工場建設、稼働。
昭和44年(1969年)6月 資本金を1092万円に増資。
昭和45年(1970年)6月 資本金を1554万円に増資。
昭和46年(1971年)5月 はめ込み式24mm角モザイクシステムを開発、販売開始。
昭和47年(1972年)11月 アントワレック社/仏との取引開始。
昭和48年(1973年)8月 KNマークバンド販売開始。
11月 資本金を1600万円に増資。
姫野冨生、代表取締役会長に就任。
姫野好秀、代表取締役社長に就任。
昭和49年(1974年)12月 高密度表示用120mm角システムを開発、大阪府警交通管制センターに納入。
昭和51年(1976年)10月 ミューラ・アンド・ヴェイゲル社/西独との取引開始。
12月 モザイクパネルに初めてLED前面照光方式を採用。
日立営業所開設。
資本金を3600万円に増資。
昭和53年(1978年)7月 機械工場分離、建設。
昭和54年(1979年)1月 創業者・姫野冨生死去。
7月 資本金を4320万円に増資。
9月 中国天津工業技術博覧会に出展。
昭和55年(1980年)3月 資本金を4968万円に増資。
12月 カミール・バウアー社/スイスとの取引開始。
昭和56年(1981年)1月 アッカーマン/西独との取引開始。
5月 20周年記念「特別技術セミナー」開催。
6月 ラップ社/西独との取引開始。
9月 メネケス社/西独との取引開始。
昭和57年(1982年)3月 東京営業所を東京支社へ昇格。
4月 横浜営業所開設。
5月 多摩営業所開設。
昭和60年(1985年)5月 コンピューター制御自動調色装置導入。
昭和61年(1986年)9月 TOSBAC・ANVILよりCAD導入・運用開始。
10月 韓国電力(KEPCO)へ中央給電指令所表示盤納入。
昭和62年(1987年)3月 韓国浦項製鉄所(POSCO)へ大規模生産管理システム総合表示盤納入。
6月 旧本社よりマーク部門を明石 大久保マーク工場へ移転。
10月 E-A-R Specialty Composites社/米との代理店契約締結。
昭和63年(1988年)3月 資本金を9936万円に増資。
4月 神戸市西区ハイテクパークの土地10,000m2購入契約。
平成元年(1989年)7月 本社・工場地鎮祭。
11月 優良申告法人の表敬を受ける。
平成2年(1990年)7月 本社・工場が神戸市西区ハイテクパーク内に完成。
竣工記念ならびに30周年記念式典を挙行。
平成4年(1992年)4月 TOSBAC・ANVILよりHICADに全面更新。
平成5年(1993年)7月 “スーパーモザイク”開発・販売開始。
平成6年(1994年)10月 東京支社を飯田橋より恵比寿へ移転、横浜営業所を吸収統合。
11月 優良申告法人の表敬を受ける。
平成7年(1995年)1月 阪神大震災により旧本社ビル倒壊。
3月 モザイク用デジタル表示装置 KRND開発・納入開始。
4月 モザイクタイルMシリーズ(15・20・25・50mm角)開発・製造開始。
平成10年(1998年)4月 PLラベル発売開始。
平成11年(1999年)1月 “フルカラースーパーモザイク”開発、警視庁通信指令センターに納入。
2月 調色自動計量装置導入。
6月 鉄工部門を閉鎖、撤退。
11月 マーク部門を明石 大久保工場より本社工場に移転。
12月 優良申告法人の表敬を受ける。
凸版オフセット輪転機・断裁機導入、設備増強を図る。
平成12年(2000年)1月 コンビモザイク M10シリーズ開発・製造開始。
6月 姫野好秀、取締役会長に就任。
姫野冨治、代表取締役社長に就任。
6月 ISO9001 認証取得。
10月 保証付私募債発行(1億1000万円)。
平成13年(2001年)1月 PRONOVA社/独との代理店契約締結。
5月 中国 上海事務所開設。
アナログ/デジタル変換器 KADC8B開発・納入開始。
6月 ISO14001 認証取得。
10月 CYVIZ社/ノルウェーとの代理店契約締結。
平成14年(2002年)4月 LANインターフェース”ルミリンク”開発、中国大連モノレール向けに出荷。
5月 長崎営業所を閉鎖、福岡市に九州営業所開設。
6月 中国 西安鉄路信号工厰と合資で西安KCC控制顕示技術有限公司を設立。
6月 ISO9001 2000年度版移行審査認証取得。
9月 文字表示基板KLC004開発に伴い、屋外LED表示盤分野に本格参入。
10月 電装部門を分離し、株式会社ケー・シー・シー・テックを設立。
32インチDLPプロジェクター”ミニ・カレイドビジョン”開発・販売開始。
平成15年(2003年)4月 エコ商品”鉛レス マーカーチューブ”開発・販売開始。
5月 エコ商品”塩ビレス マーカーチューブ”開発・販売開始。
11月 エコ商品”塩ビレス ワイヤーマーク”開発・販売開始。
平成16年(2004年)6月 独資にて北京KCC科技有限公司 稼働。
11月 優良申告法人の表敬を受ける。
平成17年(2005年)4月 代表取締役社長 姫野冨治が黄綬褒章を受章
平成20年(2008年)4月 姫野好秀、顧問に就任。
姫野冨治、取締役相談役に就任。
姫野富士夫、代表取締役社長に就任。
平成21年(2009年)4月 姫野富士夫、取締役会長に就任。
姫野泰宏、代表取締役に就任。
山田明彦、取締役に就任。
11月 優良申告法人の表敬を受ける。
平成25年(2013年)10月 採血練習キットsensitiv(R)の販売開始
平成26年(2014年)11月 WISKA社/独との代理店契約開始
11月 優良申告法人の表敬を受ける。
平成28年(2016年)5月 Realfiction社/丹との代理店契約開始

製品サポート